読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しんぽこぽん

双極性障害・パニック障害闘病記/マイホーム建築記/ソフトボールライフ/クリスチャンライフ/スポーツ観戦記/その他ありふれた日常を書き綴りますので、どうぞお気軽にご覧ください。

【名言 感動】スティーブ・ジョブズの最後の言葉、愛こそはすべて

どうも、僕です。

 

こう天気が悪いと、地球の重力に魂を引かれてしまいますね。

カミーユ・ビダンシャア・アズナブルにやられてしまいますよ。

うつによるG。

まぁ、その中で修行をしているものだと思って、ポジティブに捉えますか。

実際に苦しいわけですしね。

人生は修行なのかもしれません。

 

 

スティーブ・ジョブズの最後の言葉

さて、皆さんはスティーブ・ジョブズという人物を知っているだろうか。

f:id:shinnosuke51:20170308152023j:plain

※引用元:スティーブ・ジョブズ - Wikipediaから

 

そう、MacintoshiPhoneを作ったアップル社の創設者だ。

言うなれば、彼は時代を創った男と言っても過言ではないだろう。

富を得、名声も得た。

しかし、スティーブ・ジョブズは最後にこう言葉を残したのである。

私はビジネスの世界で成功し、頂点に君臨した。

他人の目には、私の人生は成功の典型的な縮図に見えるだろう。

しかし、仕事を除くと、喜びの少ない人生だった。

人生の終わりには、富など、私が積み上げてきた人生の単なる事実でしかない。

ベッドで寝ていると、人生が走馬灯のように思い出される。

私がずっとプライドを持っていたこと、認められることや富は、迫る死を目の前にして色あせていき、何も意味をなさなくなっている。

この暗闇の中で、生命維持装置のグリーンのライトが点滅するのを見つめ、機械的な音が耳に聞こえてくる。

神の息を感じる。死がだんだん近づいている・・・

今、やっと理解したことがある。

人生において十分にやっていけるだけの富を積み上げた後は、富とは関係のない他のことを追い求めた方がいい。

もっと大切な何か他のこと。

それは、人間関係や芸術や、または若い頃からの夢かもしれない。

終わりを知らない富の追及は、人を歪ませてしまう。私のようにね。

神は、誰もの心の中に、富によってもたらされた幻想ではなく、愛を感じさせるための「感覚」というものを与えてくださった。

私が勝ち得た富は、私が死ぬ時に一緒に持っていけるものではない。

私が持っていけるものは、愛情にあふれた思い出だけだ。

これこそが本当の豊かさであり、あなたとずっと一緒にいてくれるもの、あなたに力を与えてくれるもの、あなたの道を照らしてくれるものだ。

愛とは何千マイルも超えて旅をする。

人生には限界はない。

生きたいところに行きなさい。

望むところまで高嶺を登りなさい。

全てはあなたの心の中にあり、あなたの手の中にあるのだから。

世の中で、一番犠牲を払うことになる”ベッド”は何か知っているかい?

病床だよ。

あなたのためにドライバーを誰か雇うこともできる。

お金を作ってもらうこともできる。

だけれど、あなたの代わりに病気になってくれる人は見つけることはできない。

物質的なものはなくなっても、また見つけられる。

しかし、一つだけ、なくなってしまっては再び見つけられないものがある。

人生だよ。命だよ。

手術室に入る時、その病人は、まだ読み終えていない本が1冊あったことに気づくんだ。

「健康な生活を送る本」

あなたの人生がどのようなステージにあったとしても、誰もがいつか人生の幕を閉じる日がやってくる。

あなたの家族のために、パートナーのために、友人のために愛情を大切にしてください。

そして自分を丁寧に扱ってあげてください。

他の人を大切にしてください。

スティーブ・ジョブズ

彼は死ぬ間際になり、今まで自分を病状で振り返りながら、こう考えたのであろう。

”愛こそは全て”だと・・・

富や名声は棺には持っていけない。

だけれども、愛にあふれた思い出は、天国への階段を照らし続けてくれるのだろう。

 

 

まとめ

4np0c0r1.hatenablog.com

この記事で神の愛について書いたのであるが、僕の人生は愛で満たされてはいないかというと、そうではないんですよ。

確かに僕を嫌い、妬み、恨んでいる人もいるかもしれません。

けど、それ以上に僕を愛してくれる人がいて、愛する人もいる。

僕の人生は愛で満たされている。

そう、僕は愛されるために生まれたのだから・・・

 

 

それでは次回もお楽しみに!

 

See you next time!

 

 

 

人気ブログランキングにほんブログ村にランキング登録しています。 よろしければ、ポチッと押してください♪ 


哲学・思想ランキング

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村