読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しんぽこぽん

双極性障害・パニック障害闘病記/マイホーム建築記/ソフトボールライフ/クリスチャンライフ/スポーツ観戦記/その他ありふれた日常を書き綴りますので、どうぞお気軽にご覧ください。

【アガペーと山上の垂訓と赦し】今日は哲学的にブログを書いてみる

どうも、僕です。

 

今日は、もうね。

書き殴ります。

自分の想いを。

 

生きづらさ 

よく、陰で人の悪口を言ったりする人いますよね。

しかも、それに便乗してというか、同調して人の悪いところしか言い当てない、人の批評を論じる人。

 

僕ね、こういうの許せないんですよ。

いいですよ、スケープゴートにされるのは。

けどね、そんなの直接言えっての。

いいよ、謝るよ。自分に非があるんだったら。

 

そんなくだらないことが積み重なって、いつの間にか僕は苦しくなっていた。

息もできないくらいに。人を許せない自分を責めて・・・

生き辛いんですよ。

 

アガペー

皆さん、アガペーって知ってますか。

アガペーは、神の愛。罪人である人間に対し、神が注ぐ自己を犠牲にした愛のことです。

イエス・キリストは、罪人である僕たちを救うために、身代わりに十字架に磔になったものとされてます。

つまり、そんなくだらない事を言う人も、言われる人も、神の愛に照らされてる同じ罪人なんです。

 

山上の垂訓

山上の垂訓(さんじょうのすいくん)は、イエス・キリストが山上で弟子たちと群集に語った教えのことをいいます。新約聖書・マタイの福音書5章から7章にかけて書かれています。

f:id:shinnosuke51:20170307194423j:plain

引用元:山上の垂訓(説教)を全て解説―キリストが教えた比類無き聖書の明言 | True Ark Bibleより

真福詞・謙遜の祈り

キリスト教における有名な教えが書かれているのですが、その山上の垂訓の初めにイエスはこう言います。

 

心の貧しいものは幸いです。天の御国はその人たちのものだから。

悲しむ者は幸いです。その人たちは慰められるから。

柔和な者は幸いです。その人たちは地を受け継ぐから。

義に飢え渇く者は幸いです。その人たちは満ち足りるから。

あわれみ深い者は幸いです。その人たちはあわれみを受けるから。

心のきよい者は幸いです。その人たちは神を見るから。

平和をつくる者は幸いです。その人たちは神の子どもと呼ばれるから。

義のために迫害されている者は幸いです。天の御国はその人たちのものだから。

マタイの福音書5章3章から10節

 

傲慢になってはいけない、人を裁こうとすると自分も裁かれる。

だからこそ、クリスチャンとして謙遜して生きていかなければならない、と感じる聖句です。

やはり僕は義のために生きていきたい。

例え迫害されようとも・・・

 

汝の敵を愛せよ

また、イエスはこうも言われています。

 

「自分の隣人を愛し、自分の敵を憎め」と言われたのを、あなたがたは聞いています。

しかし、わたしはあなたがたに言います。自分の敵を愛し、迫害する者のために祈りなさい。

それでこそ、天におられるあなたがたの父の子どもになれるのです。天の父は、悪い人にも良い人にも太陽を上らせ、正しい人にも正しくない人にも雨を降らせてくださるからです。

マタイの福音書5章43節から45節

 

誰にでも許せない人、許せないことはあると思います。

僕も上述したとおり、許せない人、許せないことがあり、それが怒りとなり、自分さえも許せなくなります。

だから、僕は祈りたいと思います。

そして、自分を赦していきたいと思います。

それが、僕にとっての最善なのではないでしょうか。

 

まとめ

こうして書いていたら、答えは既に出ているじゃないか。

人に怒りを向けてもしょうがない。

祈り、赦すことをしていこう。

僕はアガペー=神の愛によって祝福されているのだから。

 

これを読んでくれた方にも、主の祝福がありますよう、お祈りいたします。